失敗しない施設選び|有料老人ホームのサービスに驚きを隠せない!

見学のチェックポイントは施設選びで最も重要なこと

資料では見えない部分が見学でわかる

施設の大まかな情報はサイトや資料で分かりますが、より細かく知るには見学が一番でしょう。自分の目で見て感じることで、施設との相性を知ることも可能です。

失敗しない施設選び

男女

立地条件は見て確認!

条件でよく挙げられるのが施設の立地条件です。バス停や最寄り駅から徒歩圏内だと家族や親族が立ち入りやすいでしょう。圏内にあることが施設選びの決め手になることもあるため、サイトや資料の中でもアピールしています。ただ、実際に歩いてみると時間が結構かかったり、入り組んだ場所にあったりするので実際に歩いてみて近いかどうか判断してもいいでしょう。

生活しやすい環境であるか

施設内は綺麗なのはもちろんのこと、有料老人ホーム近辺の衛生状況にも目を配りたいです。空気の悪い環境で生活すると入居者の健康に悪影響でしょう。健康が気になる場合は、自然豊かな場所に立地する有料老人ホームが適切です。また行動範囲を広げたいのであれば、近くにでデパートやお店が充実している場所が良いかもしれませんね。

居心地の良さを確認する

実際の施設の中をチェックしますが、その時に部屋の間取りは十分チェックしておくべきでしょう。家具を後から持ち込むのであれば十分な広さが必要ですし、居心地の悪さがあるかもしれません。すでに備え付けてある設備の使い勝手や、清潔さにも目を向けて、住み心地の良さをジャッジしましょう。

入居者の様子を見て判断するケースもある

有料老人ホームのほとんどは、入居者一人に対し一つ部屋が与えられるため実質一人暮らしみたいなものですが同じ施設で暮らす以上、入居者のタイプは把握しておくべきでしょう。特に施設に設けられているスペースには入居者の憩いの場なので関わりを一切絶つことはほぼ不可能です。

味にうるさい人は試食しよう

有料老人ホームのサービスに食事がありますが、味は施設で異なります。そのため、味にうるさい場合は試食させてもらうことも可能です。食事に気を遣う施設だと味の注文通りに作ることができるので、食事制限が必要な時やその日の体調で味を変えたい時に便利です。

広告募集中